ひかえめなプロフィール~ Profile with moderately ~

 

Photo by Leon Cheng


1960年1月30日(土)15時15分、松野 迅は大阪に生まれる。左利き(別名 ヒダリスト)。
🤚左手の掌線は、感情線と知能線が一本に重なる「ますかけ線」。

母 (1930-1984)は、漢学に精通しコーヒーが大好きな薬剤師で、かつ弁論家。父 (1931-2016)は、素朴にして気高く、独創にして自然体を貫く人生を歩んだ植物造形作家で茶人。関西平和美術展の事務局を60年間余担当した。

松野 迅は1966年、大阪市立矢田小学校入学。1968年4月にヴァイオリンとであい、2019年は👍音楽生活50周年を迎える。1969年、矢田事件と遭遇。

1973年より🌐地球各地をかけめぐり、アジアとヨーロッパでソロ、室内楽、協奏曲の演奏活動、そして「枕が替わらないと眠れない」と称するほどハードな旅生活を繰り広げてきた。
イ・ムジチ合奏団のコンサートミストレス[1977-1986在籍]をつとめたヴァイオリニストのピーナ・カルミレッリ(1914-1993 左利き)や、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団第1首席チェリスト[1950-1985在籍]、エベルハルト・フィンケ(1920-2016)と数多くの室内楽コンサートやレコーディングを行ってきた。日本国内では、歌手・淡谷のり子(1907-1999)とコンサートや放送を重ねてきた。
京都市立芸術大学にて岩淵龍太郎氏(1927-2016 左利き)に師事。日本音楽著作権協会会員。🎼


2017年5月27日(土)。〈松野 迅リサイタル東京公演〉(よみうり大手町ホール)の前日。松野 迅の体内細胞は、極度の過労とストレスの限界を察知して蜂起し、意識を失う。
一時、呼吸が停止。人生は強制終了モードへ。
もう一歩で泉下の客となるところ、搬送先の〔東京警察病院〕の総力をもって、4日目の5月30日に意識が復活。
6月25日、30日間の入院生活を卒業。退院の日、松野 迅は新幹線で移動し、関西でバッハの協奏曲を演奏。
2017年12月15日(金)大阪、12月23日(土・休)東京にて、松野 迅ヴァイオリンリサイタル〈復 活 の ス テ ー ジ〉を行う。


💽CDアルバムやCDブックは、(株)音楽センターより多数発売されている。カメラータやビクターレーベルにも音源がある。
📚エッセイ集は、未來社かもがわ出版から2冊ずつ出版されている。新聞、雑誌への連載エッセイも数多い。

作曲作品、編曲作品は楽譜集や音源として発表されている。
1984年より、長野県にて夏季音楽祭【室内楽inn】を主宰。2019年は34回目を迎える。

⬆️ダン・テプファー作曲「ソロ・ブルース~ヴァイオリンとピアノのために」をまつのじん稽古場で演奏する松野 迅  Photo by B.Tsuji

2016年より、松野 迅がヴァイオリンとピアノを🎻同時演奏🎹する作品(ダン・テプファー作曲ソロ・ブルース)や、ソロ作品ばかりを集めたコンサートを世界各地で行っている。。
またP.シェーンフィールドの作品など、21世紀の作品を取り上げるプログラムや、アジアの作曲家のみで構成するプログラミングも注目を浴びている。

⬆️ポーランド東部クラシチン城聖堂でのソロ・コンサート Photo by Z.Czernecki 2016.8.7

学校、幼稚園、保育園、病院、諸施設などでのコンサートは、世界各地にその足跡を残してきた。また「九条の会」講師陣のひとりとして、講演やコンサートを国内で幅広く行っている。
コンサート活動の合間に、楽曲のアナリーゼ(分析・剖析)講座、合唱指揮なども定期的に行っている。

松野 迅は希望者からの要請に応じ、ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノの「お稽古」を東京と関西で行っている。現在7歳から82歳の方々と取り組み、そこでの学習者には「左利き」「左手利き」の比率が高い。
これまでに🇨🇳中華人民共和国、🇰🇷大韓民国、🇹🇭タイ、🇲🇾マレーシア、🇻🇳ベトナムなどでヴァイオリンや室内楽のマスタークラスを受け持つ。アジア人としての姿勢・フィンガーリング・ボゥイング・考え方などを提案・伝授してきた。
松野 迅はヴァイオリン演奏時、楽器の肩当ては使わない。🧠右と左の両脳と💞心はフルに使う。

これまで共同生活をしてきた🐈猫の名は、「大吉♂」「小吉♂」「シャルル♂」「闇太郎♂」「カーマ♂」「ひばり♀」「やわら♀」「りんご♀」「パープル♀」そして「すみれ♂」。

Violinist JIN MATSUNO was born in Osaka, Japan. He touched the violin at the age of eight.
It will be 50 years in 2018.
He debuted in the music world playing concerto at the age of 13. Since then he has been performing in Asia and Europe. He studied art in Kyoto, Japan and has played with excellent artists all over the world.

He has also performed at schools, hospitals and other places outside the concert hall. It also includes charity concerts for survivors, disabled people and sick people.
He is also a composer, arranger and essayist.
And we can get a lot of his recordings. He is one of the artists who has continued solo performance for many years in Japan.
🤚🏻He is left-handed.

******************************
2018年春、ハノイ(ベトナム)でのコンサート。作曲家ダン・フー・ファクさんとの共演も。

エルガー作曲〈愛のあいさつ〉
at St.Lawrence Jewry-next-Guildhall, London EC2
JIN MATSUNO,Violin KANAE FUROMOTO,Piano

エルガー作曲〈朝の歌〉
at St.Lawrence Jewry-next-Guildhall, London EC2
JIN MATSUNO,Violin KANAE FUROMOTO,Piano


このWebsiteでは、松野 迅が📸撮影した写真を使用しています。
🇳🇴ノルウェー王国ベルゲン 海岸沿いに並ぶブリッゲンの歴史的建造物〈世界遺産〉           2015年7月23日松野 迅撮影
🇱🇹リトアニア共和国カウナス 建造年代の異なる教会が立ち並ぶスクエア                             2015年7月30日松野 迅撮影
🇵🇱ポーランド共和国ザーモシチ 世界遺産の旧市街大広場 旧アルメニア商人の邸宅              2016年8月8日松野 迅撮影
🇰🇷大韓民国全州 韓屋村 「現代音楽フェスティバル」で、ストラヴィンスキー「兵士の物語」、シェーンフィールド「トリオ」を演奏。 2015年11月22日 松野迅撮影
🇳🇱ネーデルランド王国(オランダ)アムステルダム市街地にて 2015年8月6日 松野迅撮影
🇩🇪ドイツ連邦共和国フュッセン パステルカラーの美しい家々が並ぶ。              2016年7月30日 松野迅撮影