ピアニスト えのきだ・まさし Masashi Enokida,Pianist Information

  • ♦Pianist 榎田まさし information

How to use the Little Prince on the Pianoforte?

MASASHI ENOKIDA        Photo by 辻 文作 @フォトアトリエ辻

Pianist  プロフィール Masashi Enokida Profile

1986年12月29日[P.カザルスと同月同日(^^)] 、日本で最もが美しい宮崎県小林市で生まれ、5歳よりピアノをはじめる。
中学時代は、駅伝選手🏃‍♂️として活躍。
大分県立芸術緑丘高校、愛知県立芸術大学を卒業。2011年、愛知県立芸術大学大学院を修了。

大学院在学中より、日本を含むアジアとヨーロッパでソロと室内楽を中心に演奏活動を続けている。
ピアノをヴァディム・サハロフ、ベンジャミン・ロー、池田洋子、室内楽を松野迅の各氏に師事。

(株)音楽センターより、2014年に📀CD「P.カザルスへのオマージュ」、2017年に📀ソロ・アルバムCD「トロイメライ」をリリースしている。
マネージメントは、(株)センタープロ[担当・浅野]

音楽とスポーツ感性を各人にあわせてブレンドする、榎田まさしならではの」と、おだやかな人柄がマッチングし、ピアノ教室ではシニアの方々の人気者となっている。音楽センターピアノ教室(03-3208-8377)講師。
本名「榎 田 匡 志」。ステージネームに〈榎田まさし〉〈えのきだまさし〉。
高校時代は、副科としてコントラバスを繊細に演奏。

普通自動車運転免許取得。事故歴無し。AB型。東京都在住。

ザーモシチ(ポーランド)コンセルバトワールホールにて Photo by Z.Czernecki 2016.8.10

《えのきだまさし ピアノコンサート》をひらきませんか?
㈱センタープロからのよびかけです。

のパット !!
榎田まさしのピアノを聴いた人から飛び出したことばです。

ピアニストというと、鍵盤をたたくように演奏する人も少なくありませんが、榎田まさしのピアノは、めくるめく音色がうつりかわり、聴ている人を夢と音楽の世界へと導いてゆきます。
2011年、 ショ パンの祖国・ポーランドでのコンサートは、榎田まさしの演奏に、数百名の聴衆がスタンディングオベイションで長い拍手を おくりました。

ピアノパフォーマンス「えのきだまさしコンサート」は、おやこ劇場やこども劇場の舞台作品(音楽)として、青音協に作品登録されています。

榎田 まさしコンサート❣️3つのこだわり

 ★こだわり❣️その 1★
学校公演などでは、児童・生徒たちが 演奏者・榎田まさしの手がよく見えるように、ピア ノの位置を上手側に少し移動させ、同時にピアノを若干斜めにすることで、手が多くの人に、またよく見えるようにしています。
その位置は、会場の奥行きや照明によって、当日のステージリハーサルで決めてまいります。

★こだわり❣️その 2★
プログラムを 4つの角度から選曲し、構成します。
「皆さんが知っている曲」
「聴いてもらいたい曲」 
「日本の曲」
「最近できた曲」
ピアノの歴史からショパン作品にスポットライトをあてると同時に、古典から
現代までの名作、めったにステージで演奏されない作品までをとりあげます。
そして、 21 世紀の日本に生きる私たちとして『旬の作品』を盛り込みます。

★こだわり❣️その 3★
ステージトークでは、演奏する曲のおはなしはもとより、 ピアノや音楽とは日常接点がない方たち、学習している方たち、これから学習しようと考えておられる方たちに、ピアニストの「企業秘密」をお届けします。
ステージをみて、きいて、疑問に思うことや〔常識〕とされていることをわかりすくおはなしします。
👋「どうして拍手をするの?  」
🕰「毎日、何時間くらい練習しないといけないの? 」
🎼「楽譜を覚える簡単な方法ってあるの?  」
🎹「日本のピアノとヨーロッパのピアノはどこがちがうの?」 ……

リサイタルのリハーサルでトークマイクチェックを行う榎田まさし @王子ホール(東京・銀座4丁目) 2015.10.22 松野迅撮影
アジア現代ピアノ音楽祭に招聘され、吉田隆子「カノーネ」、伊福部昭「盆踊」を演奏。@ソウル[芸術の殿堂]  2016.10.19 撮影 MyoKyun Shin

ピアニスト💐榎田まさしの これまでのおもなリサイタル (東京・秋編)
2013

⚖️会場のロビーには、作曲家・吉田隆子(1910-1956)による「カノーネ」の自筆譜(レプリカ)が掲示されていた。その吉田隆子はムソルグスキーの作品・思索を高く評価し、コンサートで紹介していた。
「展覧会の絵」を聴きながら【すべての藝術は音楽の状態に憧れている】と語った、ウォルター・ペイター(1839-1894)のことばが起ち上がるリサイタルだった。

2014

⚖️このリサイタルを機に、榎田まさしの演奏は、音から音への意思力が増した。リサイタルのプログラムに、他の演奏家が取り上げない作品をちりばめているところからも意欲がうかがえる。ここでのチャイコフスキー「四季」の演奏が、📀CDアルバム『トロイメライ』へと昇華していった。それは琴線に触れるおだやかな熱演だった。

2015

⚖️ベートーヴェン「月光ソナタ」とシューマン「謝肉祭」のテーマに類似性が存在することが、このリサイタルでくっきりと描かれていた。
そこに、モーツァルトとシベリウスというフリーメーソンの作曲家と、土着性にあふれ意思力のするどいカザルスと伊福部昭作品が配置されたプログラムは、人間の多様性を物語っていた。
生きざまを問われた。

2016
⚖️BACHとCHOPINをクロスオーヴァーさせたタイトル〈BACHOPIN〉が話題になったリサイタル。
ショパンの自筆譜・初稿譜から練り込まれた演奏は、まさに「ショパンの泉」が湧きいでてくるひとときだった。そこに、榎田まさしの弾くショパンを口ずさみながら聴くポーランドの聴衆のシーンが、美しく重なった。
演奏のすみずみに
ショパン作品の源泉がバッハにあることが描き出され、バッハの感性・知性をくみとろうとしたショパンの意気込みと守破離精神をリアルタイムでみているような迫力を感じた。

2017榎田まさしピアノリサイタル 2017.10.20(金)18:30 王子ホール(銀座4丁目)

⚖️2017年の「榎田まさしピアノリサイタル」は、一夜でシューマン「こどもの情景」とムソルグスキー「展覧会の絵」が取り上げられた。このふたつの「組曲」がクロスする空間に、19世紀の音楽観が息づいていた。
ベトナムの作品は、民族性と前衛的要素が双方クリアに表現され、「作品」が「演奏」により昂揚する一瞬を満喫した。榎田まさしは作曲家からベトナム🇻🇳に招聘されているという。


2018 ■予定❗️■
杉並公会堂で聴く
《榎田まさし🇾🇪ピアノリサイタル》

亜 麻 色 の の 乙 女

2018/10/12(金)18:30 開場 19:00開演
🏛杉並公会堂 小ホール
(JR・地下鉄荻窪駅より徒歩5分)

【お問合せ・お申込み】03-3237-0113 松野迅後援会・東京
※🗣メッセージをおふきこみ下さい。
【チケット】
※2018/7/1 チケットぴあ発売開始予定
※チケットは一般3,000円、小中学生1,000円で、🈯️全指定席を予定しています。
※先行予約は松野迅後援会で、📧メールのみ受け付けます。mozart551@aol.com
(1)お名前、(2)ご住所、(3)お電話番号、(4)ご希望の席数、お支払い方法(銀行振込もしくは郵便振替)をお知らせください。
※松野迅後援会会員割引はございません。
※団体は20名様より承ります。団体割引料金を適用いたします。チケット代金は先払いとなりますので、ご希望の方には、料金・決済方法のご案内をメールで差し上げます。
※当日券は頒布予定はございません。必ず事前にチケットお求めいただき、公演当日ご持参下さい。
※またチケットの「受付」でのお預かりは致しませんので、チケットは各々ご用意ください。

【プログラム】
🕊メシアン、クープラン、ラヴェル、ドビュッシーなど、💈フランス音楽のレパートリーから構成される予定。
※プログラムは2018年4月にWeb上で発表を予定しています。



榎田まさし SOLO 💐レパートリー(一部)   不許複製 No Copy,Please
作品名の右側にある数字は、おおよその演奏所要時間です。(分’ 秒)

【 日本の作品 】

伊福部 昭(1914-2006)  盆踊 「ピアノ組曲」より          3’40
伊福部 昭                 七夕 「ピアノ組曲」より          3’15
吉田隆子(1910-1956)    カノーネ Canone               2’30
尾崎宗吉(1915-1945)   四つの作品          約10分
榎田まさし初演作品(2014.1)

湯山 昭(1932- )        お菓子のベルトコンベアー 「お菓子の世界」より 1’20
湯山 昭                     バウムクーヘン  「お菓子の世界」より  2’20
奥村 一(1925-1994)    こねこ  2’30
瀧 廉太郎(1879-1903)  憾 (うらみ)      3’25
山田耕筰(1886-1965)   月光に掉さして Canotage au clairde lune 4’00
林 光(1931-2012)          ゆうぐれ            2’00
三善 晃(1933 -2013)     波のアラベスク 「海の日記帳」より      2’20

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                         

【 日本の作品 】 連弾(4手)

中田喜直(1923-2000)    春がきて、桜が咲いて  「日本の四季」より     2’ 50
中田喜直            ゆりかごの歌    1’50

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 ショパンの作品 】

ショパン(1810-1849)    ボレロ 作品19            7’45
ショパン            小犬のワルツ                          1’50
ショパン            ノクターン 遺作 嬰ハ短調      4’00
ショパン           ノクターン 遺作 ハ短調           3’20
ショパン            ノクターン 作品9-1                  5’30
ショパン            ノクターン 作品9-2                  4’30
ショパン            ノクターン 作品9-3                  6’50
ショパン            英雄ポロネーズ 作品53          6’30
ショパン           マズルカ ロ短調 作品30-4      3’50
ショパン            マズルカ嬰ハ短調 作品41-1   3’30
ショパン            エチュード作品10-5 <黒鍵>   1’50
ショパン            エチュード作品10-10                2’20
ショパン            エチュード作品10-12 <革命> 2’45
ショパン            エチュード作品25-1 <エオリアンハープ>   2’50
ショパン            新しい練習曲より 第3番         2’10
ショパン            コントルダンス                         2’00
ショパン            スケルツォ第1番                   10’00
ショパン            スケルツォ第3番                     8’00
ショパン            幻想即興曲                            4’50
ショパン           24の前奏曲より 第15番 <雨だれ>  6’ 30
ショパン            アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ   15’00
ショパン            バラード第2番                         7’40
ショパン            ソナタ第2番 変ロ短調〈葬送〉 27’00
ショパン            ソナタ第3番 ロ短調               27’00

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 小 品 】 (ショパン作品をのぞく)

バッハ(1685-1750)        6つの小さなプレリュード         12’40
バッハ  ミュゼット                                                          1’00
バッハ  デュエット第3番                                                 3’10
バッハ マグダレーナ音楽帳より
バッハ マイラ・ヘス編        主よ人の望みの喜びよ          3’20
モーツァルト(1756-1791)       パンとバター(一本指のワルツ)1’30
ベートーヴェン(1770-1827)      なくした小銭への怒り  7’40
ベートーヴェン  エリーゼのために     3’15
シューベルト(1797-1828)          即興曲第2番    5’00
シューベルト    即興曲第3番      6’00
シューベルト    楽興の時            2’00
シューマン(1810-1856)     トロイメライ 「こどもの情景」より      2’30
シューマン           予言鳥  「森の情景」より              3’45
シューマン               楽しき農夫                                 1’00
メンデルスゾーン(1809-1847)  春の歌       2’30
メンデルスゾーン          五月のそよ風        2’10
カスキ(1885-1957)        泉のほとりの妖精  3’00
シベリウス(1865-1957) 樅(もみ)の木                  3’00
チャイコフスキー(1840-1893)   舟歌     「四季」より         4’ 50
ファリャ(1876-1946)    火祭りの踊り バレエ音楽「恋は魔術師」より      4’00
ラヴェル(1875-1937)    プロローグ 高雅で感傷的なワルツより           3’00
リスト(1811-1886)         コンソレーション(慰め)第3番 4’20
リスト  葬送      10’30
リスト  愛の夢  4’50
グリンカ(1804-1857)   ノクターン「わかれ」      4’30
ドビュッシー(1862-1918)          月の光 「ベルガマスク組曲」より            4’10
ドビュッシー       夢想  4’30

カリンニコフ(1866-1901)          哀しい歌            1’50

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 ソナタ&組曲 】 (ショパン作品をのぞく)

ガルッピ(1706-1785)  ソナタ第1番 ハ長調 {エレナ} 7’30
モーツァルト    ピアノソナタ 変ロ長調KV333     23’00
ハイドン          ピアノソナタ ハ長調 Hob50      12’00
ベートーヴェン          ピアノソナタ第2番 作品2-2   27’00
ベートーヴェン          ピアノソナタ第14番 <月光>  16’00
ベートーヴェン          ベートーヴェン:ピアノソナタ第23番 <熱情> 22’00
ベートーヴェン         ピアノソナタ第24番 <テレーゼ>    12’00
シューベルト    さすらい人幻想曲          23’00
シューマン   こどもの情景   21’00
シューマン       謝肉祭 (カーナヴァル)    30’00

リスト(1811-1886)      波を渡るパウロの聖フランシス         8’00
ムソルグスキー(1839-1881)      展覧会の絵        約33分
プロコフィエフ(1891-1953)       ピアノソナタ第1番 へ短調     8’00
スクリャービン(1872-1915)      ピアノソナタ第2番 <幻想> 11’00
ベルク(1885-1935)         ピアノソナタ 作品1   11’00

モンポウ(1893-1987)    子供の情景     9’30
ダン・フー・ファック(1947-) 組曲「ベトナムの花束」 10’40
     春~雨~愛らしい様子~蝶とかわいい花~太鼓
組曲として榎田まさしが本邦初演(2017.7.19)。
「太鼓」は榎田まさしが世界初録音(2017.1)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【 オムニバス 】

パウ・カザルス(1876-1973)      4つのロマンス              約9分
パウ・カザルス              親密なページ    1’57
パウ・カザルス              サルダーニャ    約5分
バーンスタイン(1918-1990)      タッチ  約10分
プロコフィエフ(1891-1953)      絶望 作品4-3  4つの小品より   3’ 40
プロコフィエフ              悪魔的暗示 作品4-4  4つの小品より     2’25
シチェドリン(1932-  ) フモレスケ       2’10
シマノフスキ(1882-1937)       前奏曲第7番    2’30
アンリ(1818-1891)        ベビーブギ 【ジャズ】  1’20
ガーシュウィン(1898-1937)      3つのプレリュード 【ジャズ】 9’00
ジョップリン(1868-1917)          エンターテイナー 【ジャズ】    3’50
ジョップリン    ストップタイム・ラグ 【ジャズ】          3’10
ジョップリン    ベセーナ 【ジャズ】      6’00

📃世界各地で収集した、楽譜市場に出まわらない楽曲作品のレパートリーコレクションも上記以外にあります。


室内楽では、ヴァイオリンとのデュオ作品にレパートリーが多い。 Photo by B.Tsuji @まつのじん稽古場